AERO GLIDER


2007年に発表したコンセプト:グライダー

このコンセプトをベースに、デザイン・機構を一から設計しなおしたニュータイプ:エアロ・グライダー

エアロ専用に開発した新バネ機構:TSJ (Three Slits J-Tension)システムを搭載し

剛性の高いチタン・ブロー部とジョイントさせました

エアロと呼ぶにふさわしい流線型のデザインと、掛け心地を追及した機能性をハイブリッドしたモデルです

チタン・ブロー部分には

パーツ厚の強弱やエッジ感にこだわり

よりシャープなイメージになるよう冷間プレス加工を行い

精度が高く加工効果による強度UPを図っています

*冷間プレス加工 (Cold Forming)

塑性変形を利用した加工方法で、常温もしくは材料の再結晶温度未満で行われる加工方法。

再結晶温度以上で行われる熱間加工と比較すると、温度変化を行わない為、高い精度が得られるほか

加工硬度によって強度が上がるなどのメリットがある。

一方、加工にはより大きな力(数百トン級のプレス機・設備)と共に

それに応じた高度な形成型技術が必要。

テンプルに使われているアセテート生地は

ヘリンボーン柄やドット等、新しいパターン生地を採用し

カラフルでユニークなバリエーションを構成しています


特集記事
最新記事